単行本


農村変動と地域活性化
荒樋 豊
 
 
 
 
 20有余年に亘る、著者の農村調査の該博な知識と豊富な経験を踏まえて、本書は戦後の日本農村社会の変動と、その後の高度成長によって劇的な変貌を遂げた農村社会の実態を赤裸々にし、博識・碩学な頭脳でこれを解析するとともに、これからの望ましき農村社会の再生と、その活性化の可能性を整然と考察・展開したものであり、間然するところがない名著であると好評を博しております。
          
   
主な内容(目次より)  
第T章 農村社会の変動と農村共住社会の形成

第U章 農村社会の構成単位としての家族と主体の変動

第V章 農村社会の変動と地域活性化

第W章 現代農村における地域活性化の様相

第X章 住民の合意形成と農村におけるコミュニティ活動

終 章 農村社会の変動と新しい農村共住社会の形成に向けて
 


発行日 平成16年3月30日

定価3,000円 (本体2,858円)

ISBN4-88159-721-3 C3036 \3000E

トップへ