単行本
けなげな漁村の女性たち





 あとがきより

 いささかの私事をお許し願いたい。
母はいわき市の江名という漁村の出、実家は機船底曳揚繰、北洋サンマなどをやっていた船主の家であった。……中略
 中学の頃は漁村で暮らした。それだけに漁村に対しては深い郷愁を憶えるのも無理からぬこと。私にとってさきに出版した「漁村再訪の旅」「漁村旅情」そして本書、いずれもその郷愁の一連の自己表現といってもよい。
 この書をけなげに生きる漁村の女性たちに捧げたい。



目次
1 綱を引く女性たち
  1 九十九里地曳網の女性たち
  2 小川原湖氷下曳網の女性たち 
2 海女として
  1 房総の海女
  2 志摩石鏡の海女
  3 志摩相差の海女
  4 伊豆白浜の天草海女
3 家船の漁婦たち
  1 豊島家船の漁婦
  2 吉和家船の漁婦
4 魚を運ぶ漁婦たち
5 加工作業の女性たち
6 魚を売る女性たち
7 網と縄を繕う女性たち
8 女性の浜の仕事いろいろ
9 漁協の女子職員
10 漁村女性日頃の情景

   2001年4月発行
   著者 小沼 勇
   定価2,100円 (本体2,000円)

  ISBN4-88159-715-9 C0072 \2000E


                     トップへ