ホームレス句集  大石太



  
ホームレス羽抜鳥
  
ホームレス俳人による第6句集。平成16年4月1日発行。句集には342句を収録。
その他ホームレス仲間のスナップ写真32枚に俳句が添えられている。
又、終りの方には、これまで出版した前句集5冊の代表句50句を紹介。
 
定価¥1,300(税込み)。
 

  
  元専務 公園デビューの晴姿
  歩けない仲間もいるよ霜の花
  彼のためトイレ借り切る洗濯日
  片靴が汝を叫んでる隅田川
  轢くなかれ 足の生えてる粗大ゴミ
  顔も剃る青空床屋の天高し
  決められし干場たなびく万国旗
  炊き出しを待つ間に乾け洗濯物
  主人の留守 リヤカー守る捨猫よ
  身投げする おらのためにある浮輪かな

        (以上は写真俳句より)

  顔に雨わが浄土の目覚めかな
  テント村男娼がきて落ち着かず
  スゴロクの振出しは背広姿
  歩道橋 織姫星に手がとどく
  パンツが乾くまで川につかる
  終身刑でダンボール小屋に住む
  元旦 ふぐりぶらぶら 夢もぶらぶら
  フンドシに鳴く鈴虫をいかにせん
  狂い抱く亡母の墓は草の中
  お彼岸の蝿が合掌 無縁墓

          

(株)創造書房 
発行 〒102-0093
東京都千代田区平河町2−6−3都道府県会館
電 話03-3263-0087
FAX03-3264-8401




ホームレス夢泣
    
大石太 第5句集

  好評発売中

発行   創造書房
著者   大石太
発行日 平成13年3月
定価   本体 1,239円+税
ISBN4-88159-714-0 C0092 \1234E

あとがきより

  Gさんは会長の腰巾着で総務部長まで出世した。金と時間の余った会長は放蕩三昧だった。G部長の仕事は会長のおともである。ウイークデーは大井、船橋、浦和、川崎の地方競馬だった。土日は中央競馬に毎日のように顔を出す。ある筋からの情報が入り、1レース五〇〇万円賭けた時は心臓が縮む思いだった。さすがのGさんも震えた。

  勝っては銀座の倶楽部で豪遊、負けては赤坂でハシゴした。この桃源郷もバブルがはじけるまでのおとぎ話。強引な取り立てに追われた会長はノイローゼになり、あっけなく首を吊った。会長の競馬狂が伝染したGさんがマイホームを失い、妻子からも見捨てられるのは時間の問題だった。

  ホームレスになっても、元部長の傲慢さが鼻につく。昔の自慢話、命令調が仲間の反発を買い、寝ているところをおそわれリンチを受けた。現在病院の天井を仰ぎながら昔の栄華の夢を追っている。
  
  

 
ホームレス牢人
 





大石 太  句集 
第四集


定価 本体 1,239円+税


 めったに降らない東京の雪に、両足をもがれて案山子になった冬童話である。

 Aさんは酒好きである。例のごとく軒下に寝込んでしまった。運悪く降ってきた雪が下半身を埋めた。Aさんはそれでも朝方まで気が付かなかった。凍傷にかかっているのは知っていたが、金が無いのでそのままほっておいた。足が黒ずんできて無感覚状態になった。医者に見せた時は、命が危ないと、即両足切断。リハビリと歩行訓練の結果、なんとか歩けるようになった。Aさんの身体障害者手帳には次のように記されている。「凍傷による両下腿1/2以上欠損(2級)」。
 五体満足でアオカン生活がいいか、福祉手当入って、今のアパート生活の方がいいか聞こうと思ったが、ムゴくて聞きそびれてしまった。


ISBN4-88159-712-4  C0092 \1239E

 

ホームレス天叫



 

大石 太  句集 
第三集
ISBN4-88159-708-6  C0092 \1239E

   

 
おらホームレス
 

世間を震撼させた思い出の
第一集


 市井人は、ホームレスよりホームレス的なのに、それに気づいていない。
あなたのまわりには、物欲、金銭欲、エゴ、見栄、名誉心、嫉妬、不信、無為、無力、怠惰、ストレス、猜疑、憎悪、怨恨、残虐、虚無絶望が膿のごとく蔓延しているではないか。

 失業、貧困、病気、怪我、高齢、家庭崩壊、ギャンブル借金、アルコール中毒、サラ金地獄、孤立、……がホームレスをどんどんむしばんでゆく。

働く先がありながら、高いアパート住まいを避けている者
年金を貰いながら、家族のしがらみから家出してきた者
出稼ぎにきて、酒とギャンブルに身を崩し帰りそびれた者
失禁し、ぼろぼろの体に虱が這い、仮死状態の仙人

等々、ホームレスもピンからキリまで、それぞれ星の数ほどの人生ドラマがある。


            −おらを興味本位で探しに来ないで欲しい−


トップへ